薬で簡単治療

users wood and drug

性病の感染者数でもっとも多いとされているのがクラミジアで、その次が淋病とされています。この2つの性病の症状はとても酷似しています。クラミジアと淋病の症状を比べてみると、淋病の症状の方が強いです。なので淋病に感染した場合、その感染に男性であれば自分で気付くことが出来ます。なぜ男性に限定したのかと言いますと、女性の場合はクラミジアも淋病も無症状であることがほとんどだからです。女性の場合の症状はおりものの量が少し増えるということ以外には特に見当たりません。これでは気付きようがありませんよね。
男性の場合の症状は排尿時に痛みを感じたり、尿道から膿が出てきます。場合によっては発熱をすることもあるようです。なので男性は自分自身で感染に気付くことが出来ます。しかし男性であってもクラミジアの場合は感染に気付くことが出来ないことのほうが多いです。何故かというと、クラミジアは淋病に比べて症状が軽いので、注意していないと気付くことが出来ないからです。無症状であることも珍しくなく、こういった自覚のしにくさが感染者の拡大に繋がっているのかもしれません。
クラミジアと淋病は似たような症状であることから、同じ薬で治療をすることが可能です。しかも完治させるのも非常に簡単で薬の服用を続けていれば10日から14日で完治させることが出来てしまいます。薬は通販で購入することも出来るので、病院に行かずに治したという人もたくさん居ます。なので感染者数の割には危険性は高くは無い性病と言えるかもしれませんね。

Copyright © 2016 淋病は10日で治せる?タダシップは勃起不全の治療に効果抜群? . Design by www.alltemplateneeds.com .